▼学歴に関係なく登録できる就職エージェントはこちら▼

社会経験のない中卒でも、無料の研修を受けて就職について1から学べる就職エージェントがあります。もちろん登録から全て無料で利用できます。

高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック!

空間デザイナーって儲かるの?給料や労働時間を解説

デザイナーといってもたくさんの種類がありますが、ここでは店舗の内装やイベント空間をデザインする、空間デザイン系のデザイナーをご紹介します。

将来独立を目指せる職業としてデザイナーがあります。

学歴に関係なく募集している会社もあるので、低学歴でも働ける可能性のある職業です。

建築士系の資格(一級建築士)などを持っていなければできないイメージがあるかもしれませんが、じつはなくてもデザインすることが可能です。

そのため、低学歴でも入社できる会社でさえあれば、経験を積んでいずれ独立するという方法もとれる魅力的な職業です。

中 卒
中 卒

デスクワークが好きでものを作るよりも「生み出す」ことに感動できるならデザイナーはピッタリだよ。座りっぱなしだから腰痛になりがちなことが難点だけど

空間デザイナーってどんな仕事?

空間デザイナーは、その名のとおり空間をデザインします。

仕事内容は幅広く、例えば店舗の内装のデザインや設計をしたり、イベントなどでステージやブースのデザインをするのも空間デザイナーの仕事です。

建物などを設計しているデザイナー(建築士)との違いは、建造物の高さや階数によって建築士の資格がないと設計できないと法律で決まっているので、建物などの大規模な設計は出来ない部分です。

ただ、高さや面積の制限をクリアすれば建築士の資格がなくても設計することが可能なので、空間系のデザイナーは、建築士の資格を持っていない人も珍しくありません。

空間デザイナーの業務フロー

クライアントからの要望やコンセプトを反映させるデザインを考え、設計図を作成するというのが主な業務内容になります。

仕事の流れ
  • ステップ1
    打ち合わせ

    クライアントに要望やコンセプトを聞く

  • ステップ2
    パースの作成

    実物をイメージできるパース(3D図面)を作成してクライアントに提出、必要があれば修正

  • ステップ3
    制作図面の作成

    実際に制作する用の図面(設計図)を作成してクライアントに提出、必要があれば修正し、この時点で業務終了の場合もあります。

  • ステップ4
    現場の制作開始

    デザイナーの仕事は前項で終了していますが、自分の書いた図面を元に、現場の稼働が開始します※立ち会うか立ち合わないかは勤め先次第

会社によっては実際に現場に立ち会うこともありますが、基本的にメインの仕事はパソコンを使っての図面制作なのでデスクワークです。

CAD系(製図用)のソフトを使ったり、イラストレーターフォトショップを使ったりして図面を作成します。

デザインや建築系の専門学校や大学を出ている人も多くいる業界ですが、前述したように資格が必要ないので、未経験から始めている人もいます。

空間デザイナーはどんなところが募集しているの?

空間系のデザイナーは、デザインの専門会社や店舗の内装の工事をする会社などもデザイナーを募集しています。

どの会社に入ってもデザイン業務であれば内容はそんなに変わらず、顧客さえ持てれば独立できる可能性があります。

そういう意味では、例えば社内の営業の人と打ち合わせをしてデザインを行うなど、クライアントと接点がなく社内のみで完結するデザイナーよりは、自らお客さんと打ち合わせなどをしてデザインをし、現場にも赴く方が顧客を獲得できるという意味で独立には近いです。

デザインの実力も大切ですが、じつは何よりも独立後に仕事を依頼してくれる顧客を持っていけるかという部分が独立するうえで大切になりますので。

独立してからも今いる勤め先から仕事を振ってもらえたりする可能性もありますが、大きく稼ごうと思ったら自らお客さんを持った方が良いでしょう。

そのため、独立を目指すのであればクライアントとの繋がり、人との繋がりを大切にしてください。

どんな相手でも繋がりを持つということを意識して接していれば、得をすることはあっても損をすることはありません。

中 卒
中 卒

デザイナーを含めて、というかほとんどの職業で独立するためには顧客を作れるかどうかが大きいよ

給料体系は?

デザイナーの給料体系は会社や会社の規模によりまちまちですが、決して高給な職業ではありません。

手取りだと10万円代といった会社も珍しくはないでしょう。

出世していけばある程度の給料になるかもしれませんが、営業職等と違い成果がみえにくく、歩合等が就くデザイナー業というのはほとんどないのではないかと思います。

そのためもちろん会社にもよりますが、会社に勤めている状態で大きく稼ぐのは特に短期間では難しいでしょう。

しかし、空間デザイナーという職業でみると、世の中にはビックリするほど稼いでいるデザイナーさんはたくさんいます。

そんなデザイナーの魅力はまさに独立後にあるのです。

デザイナーは独立するのに初期費用がかからないうえに利益率が高い

デザイナーが魅力的なところは、原価というか固定費がほとんどかかりません。

商品は物を仕入れて販売するのではなく、商品は自分で産み出したデザインだったり図面です。

そのためパソコンと作業スペース、専用のソフトなどがあれば独立できるのでお金をあまり掛けずに独立できます。

初期費用があまりかからないうえに、商売の中でも利益率がメチャクチャ高い方なので(利益が90%超えもザラ)、仕事さえ継続してあればかなり安定して儲けられる可能性が高いです。

年収ベースで1,000万円稼ぐのも現実的な数字です。※ただ個人(1人)でやる場合、受ける単価にもよりますが労働時間は長くなる可能性が高いです。

ブラックなイメージだけど労働時間は長い?

デザイナーというとブラックなイメージがあるかもしれませんが、会社次第です。

会社で労働時間について厳しく取り締まっていると遅くまで働くことはありません。

ただやはり昔からの流れで、締め切りや納期間近だと徹夜してでも仕上げているデザイナーさんもいらっしゃいますね。※空間系のデザインは、建築現場に比べると準備期間~納期が短いことが多いです。

それでも働き方改革の影響で、残業にたいして厳しくなってきているところが増えていて無理な残業などは減っている印象を受けます。

しかし個人的な感想ですが、独立してからはブラック企業も真っ青なレベルで働いているデザイナーの人が多いように思います。

これはデザインをすればするだけ、図面を描けば描くだけ報酬がもらえるからかもしれません。

仕事があるのが前提ですが、やればやるだけ報酬がもらえるのであれば、働けば働くほど稼ぎ続けられますので。

中 卒
中 卒

独立して個人でやってると特に、「稼げるうちに稼いどこう」って気持ちになりがちだから、長時間働いてしまうのはあるあるなんだよね。

最大の魅力は事業を展開しやすいこと

空間デザイナーの最大の魅力は、事業を展開しやすいことにあると考えます。

というのも、現場をおこなうにはまずは図面、設計図が必要です。

厳密にいうと企画からスタートなのですが、空間デザイナーは一つの企画をスタートしてから早い段階で必要になる立場です。

そのためクライアントから現場での工事まで頼まれる可能性もあり、自分の作成した図面を元に行われる現場での仕事も受けられる可能性があるのですね。

中 卒
中 卒

個別に発注するのを面倒臭がるクライアントは珍しくないから、実際に工事する会社を空間デザイナーが発注することも普通にあるよ

外注する分、費用がかかるので資金は必要で利率も下がるのですが、売り上げは跳ね上がるので残る金額は大きくなります。

空間デザイナーの仕事まとめ

空間デザイナーについて説明してきましたが、なんとなくイメージはつきましたか?

  • デスクワークが好き
  • ものを作るよりも「生み出す」方が好き

といった人には向いているのではないかと思います。

独立後には高い利益を残せる可能性が高いので、非常に魅力的な職業です。

中 卒
中 卒

自分の手で素敵な空間を生み出してね

コメント

タイトルとURLをコピーしました